本文へ移動
安心と夢のある生活。
 
みなさまの笑顔と幸せがずっと続くように、 
私たちは夢と未来を創造していきます。

新着情報

昭和56年6月から平成12年5月まで(グレーゾーン)に建てられた建物の耐震診断について
2024-04-15
横浜市民の皆様へ 

1月に発生した能登地震を受けて、1981年から2000年頃に新築された木造在来工法のお住まいの耐震性に不安を感じられている方も多いのではないでしょうか。

当協会には耐震診断ができる会員が多数在籍しており、対応可能な認定事業者をご紹介しております。下記電話番号へご相談ください。
ご相談例:現地調査・診断書作成・耐震診断書の説明や耐震補強のご提案等

※ご契約は会員個々の建築士事務所と直接していただきます。

横浜市建築士事務所協会事務局
TEL:045-662-1337



◆診断料金の目安◆(2024年7月までの診断料金の目安です)
新耐震基準の現地調査と耐震診断(補強提案は除く)

対象建築時期 :昭和56年6月から平成12年5月までの(通称グレーゾーン)期間
構    法 :木造在来工法
階    数 :2階建てまで
床  面  積 :125平米まで
       延べ床面積125平米を超える場合はご相談ください
診断費用目安 :税込み11万円~33万円程度
耐 震 診 断 法:日本建築防災協会の一般診断法 又は 精密診断
TOPへ戻る